お知らせ

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(臨時開催)

2021.10.27

令和4年1月2日から、一定条件下、フルハーネス型の墜落制止用器具の使用が義務化されます。
今後は、墜落制止用器具には「フルハーネス型」を使用することが原則となります。

また、労働安全衛生法第59条の規定により、高さが2メートル以上の箇所であって、作業床を設けることが困難なところで、フルハーネス型墜落制止用器具を用いて行う作業に係る業務は、特別教育を修了した者でなければ従事させることはできません。
(令和4年1月1日までは適用を猶予されていますが、その後は義務化されます。)

当協会では、猶予期間満了日が近付くこの時期に、多くの方から特別教育の受講希望が寄せられていることから、県下全域において、以下のように臨時開催等を計画いたしました。

是非とも、この機会に受講いただききますようご案内いたします。

(既に満席の講習は記載していません。開催が決まれば追加します。満席になれば削除します。)
 
 令和3年12月10日(金)  八幡浜支部(臨時)
 令和3年12月21日(火)  今治支部(臨時)

 令和3年12月23日(木)  四国中央支部

 令和4年1月11日(火)   新居浜支部(臨時)
 令和4年1月27日(木)   四国中央支部(臨時)  

 

TOP